人気ブログランキング |

続編第2回「いきなりここですけどなにか?」

e0000445_1415978.jpg

e0000445_1422286.jpg

e0000445_1424737.jpg


やっぱり夜更かし。

サニタリー的なね。
この辺は色々遊んでるから是非評価しときたいところだな。

洗面台は、すごくおしゃれなんだけど激しく洗顔する人には不向き。
台が木製だしね。
濡れたままにしとくとすぐカビる。
ボールはちっちゃいし。
まめに拭くのが苦にならない人はいいかも。
嫁さんの母ちゃんが来るとすごいことになります(笑
「おい、誰かここで水浴びしたか?」
みたいな。
ここは風呂に隣接してるんだけど、鏡が全然曇らない。
珪藻土が湿気を吸いまくるんだよね。
これはマジ感動する。

トイレはその隣。
プライバシーを大事にする人はちと厳しいかも。
あと、うんこ時間長い人は家族が迷惑する。
実際に見ないと伝わらないかね。
韓国製の便器は安い割には良い。
あんまジャバジャバ水使わないから経済的だし。
見た目がシンプルだけど、日本製とはちと違うしまぁ満足度は高いかも。
一度俺のうんこが詰まった以外は特にトラブルはない。
俺のうんこは大概詰まらせるからあんまサンプルにならん。
夏はタイルが気持ちいいが、冬はマットがないと冷たくてうんこもでない。
ここに合うおしゃれなマットがなかなか見つからないのが難点。
写真じゃ解らないけどここは上が吹き抜けで開放感はものすごい。
ちなみにオープンなスペースだけど匂いは気にならない。
これまた珪藻土が消臭効果もあるんだよね。

風呂はリラックススペースとしてはマジ最高。
心にさえゆとりがあれば酒を呑む場所にもなる。
換気扇は無いけど二つの窓を開けておけば翌日には床は乾いてる。
同じ珪藻土でも壁の色が落ち着いてるし、パターンが全然違うからまったく異空間。
難点はタイルに水垢がつきやすいこと。
なかなか落ちない。
最近はあんま気にならんけど。
ここはレトロに見えて給湯器とかは結構メカニカル。
キッチンからコントロールできんの。すごい便利。
フルオートだし温度変更もすぐできるし。
水量も決められるからムダもない。
バスタオルとか入れる棚はヒノキ製で良い匂い。
結構広いけど、冬もあんま寒くなかった。
余談だけどユニクロのバスタオルは結構良い。
ホテル使用のヤツね。

このスペースは考え込んだだけに使い勝手もデザインもすごくイイ。
ネガな部分もあるんだけど気にならないんだよね。

いわゆるユニット的な箱ものを採用しなかったけど、それ故に考えることがめちゃ多かった。
妥協もしてないからその分、満足度が高い良い例だと思う。
コストは・・・比べるもの次第だけど。安くはないよね。
その辺は、どう生活したいか。次第だよな。
ハイリスク。ハイリターンですよ。




e0000445_2394039.jpg

e0000445_2161699.jpg

e0000445_2452347.jpg



で、浴槽から見る景色はこんな感じ。
e0000445_2455632.jpg

浴槽から窓が二つとも見える。
これ、嫁さんがこだわったポイント。
当時は理解できなかったけど、今はすごいよく解る。
まず広く見える。
そんで昼とか明るい時間だと光が良い感じで入る。
これを計算してたのかって思うとやっぱ嫁さんはスゲー。

トイレは少し前の画像。今は赤い布はない。
全体的に植物の配置がポイント。
やっぱ生活の中に植物は必要だと思う。

しかし、改めて無茶してるよな。と思う。
by genaniki | 2007-04-30 03:29 | シリーズ・家を建てる
<< ペパーミントグリーンのエドワー... 脂取り紙必須 >>