人気ブログランキング |

鬱論

調子はイイよ。
随分と仕事もこなせるようになってきた。
元々のパフォーマンスには程遠いけどな。
それでもようやく給料を貰えるレベルには来たと思える。
まぁ今はコレでよし。

今、改めて欝について考える。
イヤ、むしろ自分そのものについてだな。

解釈が難しいことが多すぎて正直まだよく解っていないのが本音。
でも、「心の持ちよう」とか「気持ちの問題」とか「気合が足りない」とか。
クソ食らえだとは思ってる。

コレはれっきとした脳の疾患。
薬はそれを誤魔化して、ダマしてっていう対症療法にすぎないんだ。
根本的な治療じゃあない。
「心の風邪」です!なんて言っちゃうヤツにはカチンとくる。
まぁいいんだけどさ。

前にも言ったかもしれないが、もう既に完治なんか考えていない。
薬で誤魔化そうがダマそうが、社会にさえ適応出来ればそれでいいと。
そして、ぶり返す・悪化するという事象を回避したい。
そのための方策としては「心の持ちよう」「気持ちの問題」は大きいんだとは思う。

先日先輩が「人生60%論」を授けてくれた。
コレは非常に大事なことだとは思うんだ。
6~7割で投げたほうがいいピッチングができるなんて聞いたこともあるし。
俺は学生時代に勉強しなさすぎたコトと、元々持っている劣等感と戦うためにこの十数年「常に100%」を意識してきた。毎日成長するなら、毎日自己ベスト更新なんだと。
そして、人間はそんな生き方は無理。だからそれ自体に落ち込む。
そんな事を繰り返してオトナになってきた。
そのコト自体を悪いなんて思ってはいないよ。
結果、今の俺を形成した要素であることに間違いはないんだから。

ただ、これからは少し変えなきゃいけない。
それは解る。
だから「人生60%論」は価値のある言葉なんだ。
でもね。
コレは持ちあわせた性格っていうかさ。
60%を意識して手を抜く自分に耐えられるか?って問題が浮上する。
その事に嫌悪感を抱いて凹む俺が目に浮かぶ。

だからもう少しアプローチを変えよう。
俺にとって一番の足枷は「~じゃなきゃいけない」ってコト。
自分の考える役割に対して、求められる役割に対して。
100%じゃなきゃいけない。俺のキャリアならできなきゃいけない。やらなきゃいけない。
ムードメーカーであるべき。緩衝材であるべき。
この分野に誰よりも強くなきゃいけない。すべての質問に即答できなければいけない。

そういう荷物を一度全部下ろしてみた。
結果論でいいじゃんか。
そう思うことにした。
事前に思う100%とイメージが違ったってその日その時の100%ならいいじゃん。
ムードメーカーじゃなくったって、結果誰かが笑ってくれたらそれでいいじゃん。
わからないことが出てきたらその時に一緒に調べればいいじゃん。

そんなスタンスでこの数週間やってる。
随分楽だよ。
結果出てきたものを受け入れよう。
あまりにも稚拙な考えだが、今はコレでよし。
どうせ数カ月後には最前線に戻るんだ。
そこで生き残るんなら、前と同じじゃいけないだろう。


突然話は変わるけど。
Happyが4月20日に10歳になった。
もう10年。
過ぎてしまえばあっという間。
そして同じに日にはちみつが1歳に。
もう1年。
過ぎてしまえばあっという間。

後10年。
どう生きるか。
俺もこいつらも。
せっかくなら楽しもうじゃないか。
そう思うことにした。

うん、そんな感じ。
by genaniki | 2012-04-22 00:06 | 俺・・・
<< 歌姫? 今日のはちみつさん >>